スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

恥をかかない城

感情のことばかりで毎日が過ぎていく。

感情を感じているだけで終わっていく。





感情とちゃんと向き合うのは苦しい作業だと思う。
目に見えない筋肉を酷使する。


私に身体があり五感があるから、感情が生まれて、そこからまた問いが生まれてくる。
だから身体には感謝したい。五感にも感謝したい。健康を維持できるあらゆる要因、全部のゆらぎを受け止めている生命体としての自分、あまりにも優秀。










恥をかいた記憶



恥をかきたくない。

小学生の時、音楽の授業でひとり前に出て先生が弾くピアノの伴奏に合わせて歌わなくてはいけなかった。前の晩からのそのことで頭が一杯になり、口から心臓やその他の臓器が飛び出るくらい緊張して、震えながら上擦った声で歌った。全員やらなければいけないからみんな人の歌など真剣に聞いてないが、その瞬間だけはそれなりに注目されるのは苦痛だった。
体育の授業もそう。跳び箱を飛ぶとき、サッカーボールを蹴りながら一周するとき、同じ気持ちだった。ひとりずつ前に出るのは、ただの見せしめだった。感じの悪い男子に笑われたり、心無い言葉をかけられたこともあった。そんなことで人の価値は決まりはしないけど、今でも思い出せるくらいには記憶に残ってしまった。


やったことのないことをした時に、上手くいかなかった。失敗して恥をかき、笑われた。そんな経験は誰しもがあるかもしれないが、小さい頃の些細な記憶が、大人になった私の足をずっと引っ張っている。もっとトラウマになるほどの強烈な恥をかいた人もいるかも知れない。私は共感する力が強い方なのか、他人が恥をかく姿も自分のことのように思えて、とても見ていられない。



失敗しないように、恥をかかないように、前もってあらゆる可能性を探る性格になった。先を予測し、危なそうだったらやらないという判断を数多く下してきた。傷付きたくないし、立ち直るのに人の何倍も時間が掛かるから、自分を守るためにありとあらゆる考え方を試した。考えて考えて、考え尽くして、しまいにはオートメーションで何手も先まで考えが回るようになってしまった。分からないフリして飛び出したりできなくなった。危機管理の方面で、精度が高くなりすぎてしまった。



確かに恥はかかない、怖いことも起きないけど、行ける場所もずいぶん減ってしまった。そのことは初めは安心だった。自分だけの城のような、巣のようなところで、好きに行きてい…

最新の投稿

これからが初夏のいいとき

霞を食べて 靄を晴らす

純粋にただやるので全然いい

生きているの意味

意識は愚鈍 無意識は光より早い

それを求めてない人に施しを与えない

あなたはよく生きている方だと思う

ホームに帰りたい/何を選んできたか

変化の途中です/きちんとしない

ある曜日の覚書2