もうどこにも行けないのでどこにも行きません星














































❊ 星 ❊














2月19日 
またくだらぬことで怒った。いつもそう。つい、怒りが露になった。条件揃ってた。 
帰り際、夜中、無茶苦茶言ってくる。彼のせいではないが、もっと計らえただろって思わずにおれん。
電話口で反応がいつも薄いし黙るし、余計に腹立つ。掘り下げていくほど腹立つ。なのでやめる。 
怒るってなんだろ?何をしてるんだ?どうなってるんだ?
怒るをする、のか。ふとそう思い、力が抜ける。鳥たちに書いてた『鳥の目線』だ。
鳥は飛ぼうと思って飛んでない。ただそれをしている。
誰かが怒っている気がしてビクビクするのは毎回そうなる。
自分に自信がないからだ。なにかが後ろめたい。罪悪感がある。 
集中して仕事してない。二日間お弁当を作ってないこと。風呂で寝ちゃう。早く寝れない。英語勉強してない。
絵を描いてない。仕事中に描きたくなる。SNSを見すぎ。チョコを食べる。食べ過ぎる。呼吸法ができてない。

















































3月1日 
濃密!すごく充実してた。やることあるって素晴らしい。
食べ物が美味しくて嬉しい、けど何より嬉しいのは人が優しいから。
というか、繋がる気がちゃんとあるから。ああいう話が聞きたかった。
責任を感じたし、感極まるものがあった。当事者意識がヤバイ。
私は都会人で良かったと思った。なぜなら都会人の気持ちがわかるから。
東京はただ冷くて悲しい所ではないし、田舎はつまらない所ではない。
やはり都会と田舎の真ん中にいる必要がある。
都会人で若者である自分がどのように間に入って橋を渡せるのかがかなり重要。
正直、かなり焦る。みんな焦った方がいい。出来ることを早くやらないと、と思う。
居心地の良いところを探すのではなく作らないと、それは若い人の仕事かなと思う。
自分のことだけ考えてる場合ではない。バランス…。
 絵を描いたことで役に立てたのは、収穫としてでかすぎる。
多くの人に早くに伝えるのに、ビジュアルはでかい。これが広告か。






結局自分のために描いてることになる

 描いたものを一番最初に見るのも自分 

作品が生まれたときから終わりまで見ているのも自分 

自分が描いたものに、思った以上に影響を受ける 

描きたくないものを描くのは、自分のためにならない 

人のためにといっても、苦しくて辞めたくなったらどうしようもない  

というか、 したいことしかできないのかもしれない




できるだけ、前方で光ってる方に進む感じで生きていきたい。
























人気の投稿