おきにいりという純度の高いもの














女の子というのがいるらしい



女の子はどうやら柔らかいらしい

女の子は嬉しくてはじけているらしい

女の子は明るくてまぶしいらしい



好きなものについて いつだって考えているらしい

小さな世界に住んでいて それを大事にしてるらしい

ささやかだけど ずっと消えないらしい


胸が高鳴る

どきどき わくわく



それは、誰にでもなれるもの だそうだ



資格はいらない

試験もない

許可も手続きもいらない



いつでもやめていいし

また始めてもいいそうだ




女の子じゃなくても、なれるそうだ



























お気にいりの棚を作ろう


好きなものは、目に見えるところに出しておこう


そして 気分に合わせ 気候にあわせ

配置を変えてみよう

中身を変えてみよう

それを続けよう


手を加えることで そこは自分の森になる

祭壇になり

有機体になる

それ専用の神様みたいなものが宿る




ギフトをもらえる場所になる


私による私のためにだけある純度の高い行為





お気に入りのものをいつもポケットに入れて出かけていた小さいころ


あのポケットもそうだった



遠い昔のことなのに思い出すと鮮明だったりする 

お気にいりの記憶

そういうものだけ大事にしていればいい













人気の投稿