寝酒のいきおい






隣りに座ってても気が合わなければパラレワールド。

でも別のところにいる人を否定しない。







寝酒をたまーーーに飲む。

福島にある有名な日本酒のお店で、買ったやつ。
はちみつリキュール(14度)を、ブルーウォーターで割って飲む。

ふだん飲まないので、たまに飲むとよくまわる。

さっき飲んだのでポワワとする。
Karen Oのライブがより一層フワフワと聞こえる。





忍田彩さんのライブに行ってから、
より生っぽい音が聞きたくなるようになった。

ちょっと荒削りでも、温度を感じれる方がいいなあ。


作る人と、受け取る人とがあまりにも遠すぎるものよりも
少し手が届きそうなくらいがちょうど良く感じる。

崇拝しちゃうくらいだと、遠い。

そういうのをインディーズっていうのか。


メジャーじゃないから好き、のような
商業主義否定じゃないけど。



自分にとって近いと思えば、その方がいい。






音が不安定すぎて聞くのはそんなに好きでもなかったけど
これが今は好きってことは私も変化したのかもしれない。

音楽は自分を測る指標にもなるから、色んなの聞くといいと思う。



旋律よりは声が気になる。
ちょっとドキッとする生っぽい声に惹かれる。
特に女性ボーカルの、月経による独得の変化や、
女性の不安定さを感じさせてくれる感じが好み。

不安定なムードに女性性をビンビン感じる。


不安定さを受け入れてるから、
女性は強いのかもしれないという仮説をいま、立てる。


子宮とか性欲とか生理とか血とか
生々しくってえげつなくて複雑で実に美しい。
第二の宇宙と呼んで頂戴。





(Karen O って昔スパイク・ジョーンズとデキてたんだ…
コッポラといいスパイク・ジョーンズってほんとにあれだ)





本と話す、という感覚がすごく分かるようになってきた。

知識を貪ったりしているわけではない。











人気の投稿