困ったときは許すのがいいと聞いた




去年の夏、はな子を初めて見た。暑かった。

彼女はずーっとお客さんと反対方向を見て
片足を曲げ伸ばししてるだけだった。 

なんか怒っているのかなと思って、ちょっと怖かった。
 これは回りこんで撮った写真だ。 

動物園は行ってみたけどやはり苦手なところで、 
一緒にいた子とけっこう疲労してしまった。 


大島弓子さんの15年位前に出たエッセイ漫画にも登場していて、 
当時からこの時と同じ動作をしていたみたい。 

69歳で、5月26日に亡くなった。














普通はイヤだなとよく思っていた。

平凡でつまらないなと思っていた。

なにかしら特別になった方がいい気がして
奇をてらってみたこともあった。

人に覚えていてほしかった。

なにからしく振る舞おうとしていた。

気を抜いた途端に自分が消えてしまう感じがした。

どこか変なふうに力を入れた調整のままにしたら
歪んでしまい余計に疲れたりしていた。



でも、最近は普通でいいんだなと思った。

もう変わったことしなくていいんだなと感じた。


いらない力を全部抜いて、そのまま軌道に乗れば
勝手に自分なりの普通ができていって、
安心してそこにいればいいだけか、と気づく。



人が羨ましいから、すぐ影響受けて真似もたくさんしたけど
それももういらないのかもな、と思う。



余計な思想も哲学も、主義主張も重たいからいらないんだな





普通に生きていけばいいだけなのに
全然わからなかった。


普通って素晴らしい。










変わるときは、
オセロがひっくり返っていくみたいに
パタパタと変わっていく。


ひっくり返るはずのところが動かないと
ゲーム自体がおかしくなる。

変わるべくして変わらないところは
自分がわざわざ止めている気がする。


だから、時々止まっちゃう機械に油をさすように
ちょっと手を加えないとダメかもしれない。
ボンヤリしてると結構すぐ止まる。



色々あって最後は全部変わるんだと思う。















火傷したり虫歯が痛んだり
メッセージがいっぱい来る


本当に感じたことを手紙に書いて渡す


人は分かり合えない

でも分かり合う必要がない


ただ、出来るかぎりそこにいればいい
それだけでいい気がする。





帰ったら、あの人がいる。

あそこの場所にはあの人がいる。

これにかければ、あの人が出る。


そういうことでいい気がする。




架空の結婚式を想像して、架空のスピーチをしてみる。



幸せになる必要などないし
恩を返す必要も、責任や義務もいらない
相手とひとつにならなくてもいい

ただでき得る限りの時間と距離で、
一緒にいればいいのだと思う。











自らに起こることを全て許したとき人は解き放たれるという









見返して改めてすごくいいと思ったものリスト


攻殻機動隊SAC 1~2

パトレイバー劇場版2

彼氏彼女の事情アニメ

なまけ者のさとり方
(見すぎてボロボロ)

深夜時代の怒り新党





おいしかったものリスト


夕方くらいに淹れたCOFFEA EXLIBRISのコーヒー

レタスに巻いた甘めのキーマカレーと木綿豆腐を混ぜたやつ

寝る前に醤油かけて食べたスイカ

等々力不動尊で飲んだゆず茶

世田谷通りの店で飲んだトロットロの蕎麦湯




人気の投稿