365日間違っている




👖





 

Gパンを履いてる人を描くときに何を考えているかというと
自分が履いてるときの履き心地を思い出している。














何に時間を割くのかしら。

一生は、82歳くらいまで生きるとしても30000日くらい
と聞いて「え、それだけ?」と思った。
寝てる時間を引いたら半分くらいになってしまわないだろうか。

今は27歳なので365日をかけたら約10000日。

10000日ですと?
え、ちょっと待って待って
すごい、すごい進んでる。
映画なら折り返し見えてる。


人生は短いから今すぐ行動しよう
的なライフハックはあんまり好きじゃなかったけど
ほんとに時間ないじゃないのよって思ってちょっと焦った。



時間がない。





💄





足りない部分を埋めるような気持ちで化粧をして服を選ぶ。
どういう風にしたらもっとマシに見えるかなと考える。

欠けた部分を隠したつもりだけど
自分からは一つの角度しか見えてないから
結局何も隠せてない。

 欠けていてもいいのに。


そんなつもりなくてもそんなふうに見えるのは、
隠してるのが上手く行きすぎているのかもしれない。
隠すのが上手になりすぎて自分でも見えなくなってしまった。
隠した場所にに何かいいものがあった気がするが
もう見えなくなってしまった。





💧



少し塩味のきいたアーモンドを食べて水を飲む。
水がほしい。
最近は水がほしい。
水を飲むと疲れや淀みが流されていく気がする。
コーヒーやお茶じゃダメ。

水はただの水道水よりは、
青いボトルに入れて日に当てたものや
買って飲む水がおいしいと感じる。
寒い季節なら白湯もいい。









自己肯定が大切だと言う割には

胸を張って「私は最高です」と言えるほど
自分のことをいいとは思ってない。
いつもなにか間違ったことをしてるんじゃないかと思って
恥ずかしくなって聞かれてもいないのに先に謝ったりする。
そんな自分をまた恥ずかしく思う。
そんなときは肌がかゆい。


ヨガに通っている。ヨガは楽しい。面白い。
生徒さんや先生の身体は美しく
それを見つめているとうっとりする。

でも悩ましいのは人とのやり取りだ。
コミュニケーションの一貫で
褒めてくれるのはありがたいけど
わたしは褒められるのが苦手なのですぐに謝る。

「褒めさせてごめんなさい。
見えないだけで私は悪いところがいっぱいあるんです。」
 みたいな感じで謎の弁明をする。

それをしてしまった後に「ああ、またやってしまった…」と思う。
「ありがとうございます!(ニコッ)」でいいのに。

でも、褒めてるときに全然目が笑ってない人もいるです。

私はそれが怖い。
女の人にだけ特殊な気遣いをしている。
でも女の人は大好きだ。

ただ、うまくできないだけ。









わたしが間違ったことをしない日はないので
もう間違っていること自体が正しいのだと思いたい。






🐈



人気の投稿