それを求めてない人に施しを与えない












人を好きになるのは難しい。
これは誰かの言葉を借りたわけじゃない。
今まで、できていると思っていたんだけど
意外とできていなかった。

好きか嫌いかの二極で語られがちだけど、
その間には長くて広くて深い場所が存在してる。
もっと正確に言うと、二極じゃなくて円になってる。
両極はつながっている。だいたいそうなる。不思議だ。
一度、好きになった人を嫌っちゃいけない法律があったら
その国は信じられないほど時代遅れなはず。

好きと言っても色々、嫌いと言っても色々だ。
本当は電話帳みたいに人を区分けできない。
でもやってる。記憶の整理をするため。
週一で会う人より年一で会う人を信じてることもある。

人と人の関係性には役割がある。
それを全うする。










毎日は絵を描かない。
と言ったら驚かれたことは何度かある。
私たちは付かず離れずの関係だけど、
ずっと一緒にいるわけじゃない。
でも、あまりに描かなすぎるとそのうち落ち込んでくる。

そういうときは落書きから始めつつ
自分自身に行うセラピーみたいに手を動かし
ゆっくり立ち直っていく。

色鉛筆や絵の具を使う、カラーの絵のほうが
心にはよく効くという不思議さがある。

カラーセラピーというのも実際にあるらしい。
でも、私はカラーセラピーについてはよく知らないし
興味も特に無いので自分の実体験に基づいたことのみを
参考にしたいと思う。



仕事で描く絵は自分のために描くものではないので、
ここではあんまり関係ない。









ライフハックとかメソッドが沢山出回っている。
きっと、昔から名前は違えどそれに準じたものはある。
おばあちゃんの知恵袋だってライフハックだろう。

私もそういうものに頼ったり助けられたりしてきた。
感覚としては「とりあえず絆創膏を貼る」くらいの
速効性のあるものや、効率的な方法を知るものだ。

それで解決できることもあるし、できないこともある。
インターネットが有効な分野もあるし、 そうでない分野もある。



人が悩み苦しんでいる時に「すぐに助けてあげたい」
と思うのは擬似的な親心みたいなものだ。
でも、実際は相手は心から解決したいと思ってない場合もある。
 苦しみの出所がわからないから気持ち悪いだけかもしれない。
何に悩んでるか、本人もよくわかってない。

私にできることはあまりない。
でも何もしないわけじゃない。










「日本人は自信がなく消極的だ」

そんな言い方をしたことがあるだろうか?
私はあります。

でもこれは本当はしちゃいけないことだった。
こういう言い方は、この先の世の中で一掃されたほうがいい。
その日本人は自分のこと?誰のことを指してる?

自分の実体験や実感に基づかない意見を言ってる人が
インターネット上にどれほど沢山いることか。
思い込みとの区別ができないこともある。


数多いる人を顧みずに、代表したフリをしてはいけない。

言いたいことの主語を自分以外で表すのはとても姑息に見える。

考える力が弱い人からエネルギーを吸い取るのは罪です。
自分を救えるようになってから、人を救って。



幸せになりたいならなればいいけど、
それを求めてない人もいます。





人気の投稿